Archive for 11月, 2016

AGAの原因物質とは!?男性型脱毛症を正しく理解する!

Add a comment

AGAの原因物質って知っていますか?実際に悩みを抱えていても詳しく知らない人も多いと思いますので今回は男性型脱毛症を正しく理解できるように詳しく紹介しますね。

AGAは男性脱毛症の事です。男性脱毛症という名前でも理解することが出来ると思いますが、原因としては男性ホルモンが大きく関係していると言われています。男性のはげの多くがこのAGAが原因なのです。また、AGAは進行します。

症状は、生え際などの前頭部やつむじあたりの前頂部が薄くなってしまいます。AGAが進行した場合には、最初は抜け毛が多くなってしまい、生えてくる毛が細くなり、短いうちに抜けてしまう傾向にあり、最終的には、産毛のような細い毛ばかりとなって、地肌が目だってしまうようになります。

AGAと男性ホルモンは密接な関係にあり、男性ホルモンはAGAの原因となっているわけではなく、男性ホルモンの一種にテストステロンがあり、このホルモンは筋肉を増やしたり、性欲を増進する作用を持っています。成長を促すためには不可欠な物質で、直接、脱毛を促進させる作用を持っているわけではありません。

脱毛の原因物質は、テストステロンと頭皮に存在している5α-リダクターゼという還元酵素が出会ってしまうことで引き起こると言われています。

5α-リダクターにより、DHTという物質に代謝されてしまい、DHTが毛乳頭に存在している男性ホルモン受容体に作用して、毛のサイクルに異常を引き起こすことにより、毛が充分に成長する前に抜けてしまうのです。

髪が細く短くなっても毛根は生きているのです。AGAが進行した頭皮は髪の毛が生えていないように見えてしまい、毛根が死んでいると思っている人もいますが、毛根は生きていて細い毛が生えています。

髪の毛が太く長く成長するまえに、細く短い状態で抜け落ちて、生えてを繰り返しているので、その部分の毛が体毛化して地肌が見えて透けて見れるようになっているのです。

AGAの原因はテストステロンが関係しているのですが、このホルモンは全ての男性に存在しています。髪の毛の悩みは多くの方が抱えていますが、ふさふさの人もいます。

髪も体の一部と言えるので、不規則な生活をすることにより、弱ってしまいます。また、食生活が偏ったり、睡眠時間が少なかったり、ストレスを大きく抱えてしまうことに寄り、血流や代謝が悪くなってしまい、毛根に充分な栄養を届けることが出来なくなってしまうのです。それが原因となり、AGAが原因となってハゲの進行を早めてしまったり、ホルモンの乱れを引き起こしてしまったりします。AGAの人は5αリダクターゼ育毛剤を使用すべきです。

何よりも重要なことは、自分の生活習慣の見直しを行うようにして、不規則な生活を送すようにしましょう。また、睡眠の充分な時間をとることが大切で、ストレスに関しては自分なりに発散できる方法を見つけるようにしましょう。